知って安心!太陽光発電のイロハ 不安な点を解消して、安心なエコライフを始める方法とは

東京の我が家でも太陽光発電は導入できる?

これまでも地球に、環境にやさしいものとして、導入が進められてきた太陽光発電ですが、東日本大震災以降、エネルギーにたいする考え方が見直され、よりいっそう注目を集めていますね。
そうした背景もあり、本格的にわが家でも太陽光発電システムを導入できないかとお考えの方も増えているのではないでしょうか。
しかし、東京などでは土地が高いことから、マイホームといっても十分な広さはなく、太陽光発電システムを導入しても発電量があまり望めなさそう、隣近所とかなり密着しているので導入できるかどうか不安、屋根の形状もパネルを取り付けにくそうなかたちになっているといった心配・お悩みをもたれている方もいらっしゃるでしょう。
また、システムを取り付けることによって、住まいの見た目が悪くなることに抵抗を感じられる方もあるかもしれません。
たしかに、太陽光発電システムが登場してまだ間もないころは、こうした問題点をクリアするのは難しい状況にありました。
ですが、現在ではそうした状況も技術革新、製品開発の工夫などによって、ずいぶんと乗り越えられるものとなっています。
屋根が狭くともかなりの発電量が得られる、発電効率の高い太陽電池モジュールも登場してきており、これらを活用すれば、小さなマイホーム・一般のご家庭でも、十分に合理的にシステムの導入を検討することができるのです。
また、倉庫の屋根や地上など、住居としている家の屋根以外の設置スペースがあれば、それらを活用することも可能です。
特殊な形状の屋根でも、美しく設置できる製品もラインナップされていますから、専門業者にその旨相談すれば、ぴったりのものを見つけることができるでしょう。
たとえば、傾斜がない屋根であっても、架台を利用することによってシステムに必要な傾斜を得ることができます。
この架台利用での設置ならば、屋根の形状も関係ありません。
さらに狭い屋根の場合も、屋根以上に大きなモジュールを設置することが可能になります。
このように、工夫次第でどういったご家庭でも、太陽光発電システムは導入を検討することができるのです。
ぜひそのメリットを知って、前向きに検討されてみてください。