知って安心!太陽光発電のイロハ 不安な点を解消して、安心なエコライフを始める方法とは

太陽光発電のシャープってどう?

太陽光発電システムを開発・販売しているメーカーは、国内にも多数あります。
どこのメーカーを選べばよいか、迷っている方も少なくないのではないでしょうか。
そこで、まずはメーカーの特徴をおさえ、どんな、どこの太陽光発電システムがわが家への導入にぴったりなのか、しっかり情報を収集し、比較していくことにしましょう。
ここではシャープの特徴をご紹介します。
シャープは、早くからこの分野に明るく、50年を超えて太陽光発電事業に取り組んでいます。
まさに国内屈指のリーディングカンパニーといえるでしょう。
1963年にはいち早く太陽電池の量産化に成功し、2000年には太陽電池生産量世界一にもなっています。
長年の研究成果と多くのノウハウを活かし、苛酷な条件下にある人工衛星やメガソーラー発電所などへの技術提供、太陽光発電システムの導入サービスも展開しています。
一般家庭用太陽光発電システムとしては、かなり豊富なラインナップをそろえています。
まず、ソーラーパネルには、屋根の形状に合わせて効率よく設置可能な屋根置き型のタイプと、瓦屋根との調和を目指して作られた平板瓦一体型のタイプの2種類が用意されています。
とくに屋根置き型タイプでは、大きな屋根はもちろん、複雑な形状をしている屋根や、小さなスペースしかない屋根でも、十分な設置ができるように、サイズの異なるソーラーパネルをうまく組み合わせ、とにかく設置スペースを無駄なく活用できるようになっています。
設置スタイルに自由度が高いので、幅広い方に満足のいくシステムが提供されやすいでしょう。
またパワーコンディショナが高機能となっているので、発電した電気を無駄なく使うことのできる、シンプルで効率のよい発電システムが全体として整っています。
パワーコンディショナ(シャープのもの)は昇圧機能や接続箱機能を本体内に持っており、追加設備が必要ないという大きなメリットがあります。
また、運転音の静かさや熱がこもりにくい屋外設置タイプである点も、人気のポイントとなっています。
設置後のサポート体制も整っており、代表的なメーカーとして、一度は検討してみる価値のあるものといえるでしょう。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>