知って安心!太陽光発電のイロハ 不安な点を解消して、安心なエコライフを始める方法とは

太陽光発電のソーラーフロンティアってどう?

さらに太陽光発電の各メーカーの特徴をみてみましょう。
ここではソーラーフロンティアについてご紹介します。
ソーラーフロンティアは、昭和シェルソーラーとしてスタートした、昭和シェル石油によって誕生させられた会社であり、同社が30年あまりにわたって研究開発を重ねてきた、次世代型のCIS太陽電池を取り扱うことを主な事業としています。
昭和シェルグループは、当初、シリコンを材料とした一般的な太陽光発電の研究を行っていましたが、1993年からはCIS太陽電池の研究をスタートさせ、2006年にソーラーフロンティアを100%子会社として設立し、本格的な事業展開を行っています。
2011年には世界最大規模の生産工場を稼働させるまでになり、今後の発展と活躍が期待されている注目のメーカーとなっています。
このソーラーフロンティア最大の特徴である、CIS太陽電池ですが、このCIS太陽電池とは、Copper(銅)、Indium(インジウム)、Selenium(セレン)を主要な成分として作られた太陽電池で、この主要原材料の頭文字をとってCISタイプと呼ばれています。
この次世代型とされるCIS太陽電池のメリットは、光にたいする感度がより高いので、さまざまな光を吸収することができるという点にあります。
また影がかかっても、発電電力が急激に減少するといったことがなく、比較的安定した発電をキープできるという良さもあります。
加えて驚くことに光の照射をつづけると、より変換効率が増加していく現象も確認されています。
また通常のシリコン結晶による太陽電池などでは、パネルに太陽光があたって温度が上がると、発電出力は落ちてしまう傾向にありますが、CIS太陽電池では、こうした一般太陽電池に比べると落ちが極めて少なく、性能が高いと注目されています。
黒を基調としたシックなデザインで、その見た目の美しさからも人気があり、2007年にはグッドデザイン賞も受賞しました。
独自のフロンティアモニターサービスは、専用のホームサーバーを利用し、自宅のパソコンやスマートフォンといった端末から発電状況をチェックしたりすることもでき、こちらも好評です。
今後もクラウドコンピューティングを活用したサービス展開を予定しているとされており、さらなる成長が期待されます。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>