知って安心!太陽光発電のイロハ 不安な点を解消して、安心なエコライフを始める方法とは

太陽光発電の三菱電機ってどう?

太陽光発電システムの各メーカーの特徴をとらえるものとして、さらに三菱電機にもスポットを当ててみましょう。
三菱電機の太陽光発電システムは、一般家庭用だけでなく、産業用でも幅広く活躍しています。
新エネルギー・産業技術総合開発機構の委託研究や、電力会社との共同研究も積極的に行っており、人工衛星用太陽電池などの開発も手掛け、高い性能と信頼性が確保されているメーカーといえます。
学校や公共施設、集合住宅などでの導入も多いメーカーですね。
多くの発電量を得るためには、当然ながら設置面積を最大限広くとることが必要になります。
その点、三菱電機では多彩なラインナップを用意し、限られたスペースを有効活用できるように多くの工夫がなされています。
まず、日本の住宅屋根にあるさまざまな形状をパターン化し、パネルモジュールを設置した場合のシミュレーションを重ねるなど、研究開発に余念がありません。
また、傾斜の低い屋根でも表面についたほこりを雨水とともに排出し、よい環境を保ちやすくする独自の加工や、耐久性に優れた仕様を採用するなど、細かな点にも工夫が見られ、塩害のある地域などでも標準のまま使用できるといった特長があります。
従来型で一般的な多結晶パネルだけでなく、新たな単結晶のパネルも発売しており、そうした選択肢の幅の広さも特徴です。
そして、三菱電機の特筆ポイントとしては、パワーコンディショナにおいて、業界最高の電力変換効率の高さを実現している点を忘れることはできません。
せっかくたっぷりとソーラーパネルモジュールで電気を発電しても、家庭用の電気として使用できる交流へと、その直流の電気を変換する際に、低い効率で変換されてしまったのでは、効率のよい発電は実現されません。
つまりパワーコンディショナの性能も重要なポイントなのです。
設置後のサポートプランや保証内容も充実しているので、安心して利用することができるでしょう。
こちらも魅力のあるメーカーとして、検討しておきたいですね。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>