知って安心!太陽光発電のイロハ 不安な点を解消して、安心なエコライフを始める方法とは

太陽光発電の補助金について

太陽光発電システムを導入したい、電気代も削減したいけれど、導入にかかる高額の初期費用が障壁となっていて踏み切れない、そもそも導入しても元が取れるとは思えない、元が取れるまでにはいったい何十年かかるのか……と費用面の心配をされている方は少なくありません。
しかし、そうした方にこそ、活用していただきたい制度があります。
それが補助金の制度です。
太陽光発電システムの導入には、国や地方自治体から補助が出されるものとなっており、申請すればずいぶんとお得に導入を検討することができます。
この補助金制度は、太陽光発電システムの一般普及拡大を目指し、地球温暖化抑制の取り組みにつながるよう、国や各都道府県、市区町村で行われている支援制度です。
導入時に申請すれば、一定額の補助金をもらうことができ、実際に得られる金額はお住まいの地域によってなどで変わってきますが、国から、県からというふうに重ねてもらうことができるので、合算するとかなりまとまった額となることも少なくありません。
まず、平成23年度の補助金で見ると、公称最大出力1kWあたり、国から48000円が支給されることとなっています。
そして、東京で導入することを考える場合、東京都から住宅用創エネルギー機器導入促進事業の補助金として、1kWあたり100000円(上限1000000円)が与えられます。
平均的な太陽光発電の4kWシステムを導入したとすると、国からが48000×4=192000円、東京都からが100000×4=400000円が得られる計算ですね。
一例として武蔵村山市であれば、さらにこれに60000円が支給され、合計で192000+400000+60000=652000円が補助されることとなります。
これだけの補助が得られると、初期費用の負担もぐっと軽くなりますね。
これで電気代が削減でき、余った電気は売電していくことができますから、初期投資にかかった費用も早期に回収できるでしょう。
補助金制度は各自治体によって金額や申請期間などが異なります。
また、多くの場合先着順であるため、自治体によっては時期により終了してしまっているケースもあります。
ですので、各自治体等、関連するホームページなどから最新の情報を収集し、ベストな時期を見極めて申請をしっかり行うようにすることが、最大限に活用するためのポイントになります。
リーズナブルに導入を実現することができる魅力的な制度ですから、ぜひチェックしておいてください。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>