知って安心!太陽光発電のイロハ 不安な点を解消して、安心なエコライフを始める方法とは

大阪府内一位の池田市の太陽光発電補助金事業

全国で最も太陽光発電導入に関して消極的な都道府県自治体・大阪府内にあって最大都市である大阪市でも大阪府同様全く補助金事業を行っていないにもかかわらず、大阪府内の中では最も補助金事業に積極的なのが池田市です。
実際に池田市は大阪府内の市町村自治体にあって、1件当たりの補助金の上限額は一位でもあります。
大阪府の最北西端、伊丹空港の北側、箕面の山々を北背にして、緑が多く日当たりもよい池田市は太陽光発電設置には絶好の地理的条件を兼ね備えています。
その池田市が行っているのが、池田市住宅用太陽光発電システム設置費補助制度
と題した補助金交付で、その内容は、太陽光発電システムの最大出力1kWあたり25000円で、5kW分に相当する125000円を上限とするものです。
実際に大阪府内で補助金事業を行っている市町村自治体の殆どが12万円を上限としており、池田市はそれらよりも5000円多い補助金を交付し、かろうじて府内一位となっています。
また池田市では、後付、新築を問わず補助金が交付されます。
ただし売電システムの導入を必須とし、コンバータ設置が必須となります。
また太陽光発電システムの中古品には補助金は出ません。
更に過去にエコキュートなど別システムで補助金交付を受給したことがある世帯主も対象外です。
これにより、国(J-PEC)が行っている太陽光発電設置に関わる補助金である、1kWあたり最大35000円という補助金を加え、例えば5kWのシステムを設置した場合、国175000円、池田市125000円で30万円の補助金が交付されることになります。
またこれらと併用できる形で大阪府が行っている住宅用太陽光発電設備設置特別融資制度により費用の借入も行えます。
融資内容は上限を150万円とし償還期限は10年で、年利1%という住宅ローンよりも低利な非営利目的の融資です。
ただし取り扱い金融機関は大阪を拠点とするりそな銀行以外は大阪府内を本拠とする地方信用金庫だけなので、口座がない場合は新たに口座開設が必要です。

Post Navigation